ホーム > アイテム > [Nike+iPod] から [GARMIN 405] へ

[Nike+iPod] から [GARMIN 405] へ

2009 年 2 月 17 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン

■ガーミン : フォアランナー 405 [GARMIN : Forerunner 405]
最近GARMIN(ガーミン)のForerunner 405(日本仕様はForeAthlete 405)を愛用しています。
Garmin405
激しいアップダウンなど常に状況が変化するトレイルを走るようになってから、ジョギングの時のように何分/kmペースという指標がほとんど意味をなさなくなってしまいました。
それまではNike+iPodを使って今日は何分ペースで何キロ走り続けられたみたいなのをロードの時の目安にしていたけど、トレイルだと急な坂では歩いてしまうこともざらなのでペースはあまり約に立たないし、単に距離が長ければいいというわけにもいきません。
しだいにNike+は使わなくなりました。
もっとも使わなくなった一番の理由はイヤホンしたまま山道を走るのが危ないから。ケーブルを枝に引っ掛けて谷に転落でもしようものならシャレになりません。状況が変わりやすい環境下でイヤホンで耳が塞がることによって聴覚が失われるのは危険です。
また山で人とすれ違う時は挨拶は基本でしょうし、それに何より折角自然を満喫するために山を走っているのに、自然のサウンドを楽しまないのはもったいない。
しばらくイヤホンなしでNike+を使ってもみましたがケーブルが繋がっていないと液晶がすぐに消えてしまうし、トレイル用のシューズに切り替えてからうまく計測できなくなってきたり、そもそも音楽聴かないならiPodである理由もなくNike+はロード専用とすることにしました。
トレーニングの意味でも何か他にいいものはないかなぁーと思っていると、どうやら趣味などで恒常的に山を走っている人の多くは心拍数を目安にしているようです。
心拍数を計測・記憶できる時計をあれこれ検索しているとフィンランドのSuunto(スント)のものが人気のよう。フィンランドというところが北欧チック?で惹かれます。アウトドアな時計としてはよく見かけます。
POLAR(ポラール)のものも定番のようですが見た目があまり好みではありません。やはりNEGOはデザイン重視です!
やっぱりスントがいいかなと思い調べまくりまして、t3cか高いけどt6cがよいという結論に達しました。
機能的にはt3cで十分ですが、t6cのほうがPCでデータ管理できるし、デザインもアウトドアっぽいので普段づかいでもいけそうです。”時計”なわけですから普段着けていられるかも重要なポイント。
調べていくうちにやっぱりt6cがいいかなー、本命に決まり! とお金もないのに物欲だけが猛烈に湧いてきて居ても立ってもいられません。
とりあえず実物を確認しようと早速アートスポーツ日比谷店に行きます。
実際にt3cとt6cを腕にはめて比べてみます(やっぱり身につける物は実際に試着しないとね!)。
t3cまずはt3c。
写真で見るイメージより大きい感じ。
デザインはシンプルですっきりしています。ただ奥行きがあると言うか底に厚みがあるので浮いているといいうか、着けていても何か安定しない感じ。普段着けるのを知らない人が見たらチープな時計に見えなくもないかも。
次にt6c。
腕にはめた時の安定感はt3cよりもいいです。アウトドアウォッチな感じでスントっぽい。
ボリューム感はちょうどよくて普段使いでもOK。

t6cただ一つ気に入らない点が色。黒いタイプが欲しかったのですが、実際見てみると黒というよりグレーに若干焦げ茶混じり。なんか安っぽい。う~ん残念。色では黒(グレー)赤のほうがまだかっこいいですね。もうちょい黒が締まっていればいい感じなんですけどねー、もったいない。質感は大事なんですけどね。(愛用している方ごめんなさい、あくまで個人的な第一印象です。)
同じsuuntoのVectorっぽい感じにしてくれればいいのに..
フォントがジャギジャギして読みずらいのもマイナスポイント。
ちなみにどちらも裏面にはMade in China(たしか)の刻印。

何かちょっと期待はずれ(あくまで個人的な感想ですけど)な感じで、丁寧に説明してくれているアートスポーツの店員さんの声もあまり耳に入らず、t6cよりも1コ前のt6のほうがよかったかなー…なんて思いながらショーケースを眺めていると、suuntoの横になんかつるっとして宇宙っぽい時計が?
これがガーミン!?か.. あれこれwebや雑誌で心拍数を計れる時計を調べていたので当然ガーミンの405についても知っています。ただGPSの時計という印象だったのであまり詳しくは知りません。
せっかくだからこれも一応試着してみるかと、はめてみると意外とかっこいいかも!?
サイズはつるっとしたデザインのわりに結構大きめ。t6cよりもむしろ大きく感じます。
バックライトのLEDがブルー調なのもよい感じ。
ベルトのゴムはSunntoよりも固め。ベルトの部分にGPSが内蔵されているらしくどうやらその部分がもっこりしているので全体的に大きく感じるみたい。まーるいイメージだけどはめてみた感じは安定しています。ベゼルの部分をタッチセンサーとして操作する機能はガジェット好きのココロをくすぐります。デザインもシンプルだし、普段使いも許容範囲です。気に入りました。
とりあえず何も買わずに家に帰り、またあれこれ調べます。
ガーミンと言えばGPSですが、もちろんハートレートモニター(HR)もオプションであり、英語版であればHRをつけてもt6cよりぜんぜん安く買えます。何より走った軌跡をソフトで管理したり、Google Earthで確認できたりできます。これは今まで行ったことないところを走るのが大好きなNEGOにはたまらない機能。いつもは後から地図で何となくこの辺走ったのかなーと確認していたのが一発でルートが表示されるのは非常に魅力的です。
結局買いました、405。ヤフオクです。安いし。
なかなか気に入ってます。使用レポートはまた後日。


こちら↓のサイトは非常に参考になりました。
Forrunner 405 – Garmin GPSの使い方 Wiki

Clip to Evernote このポストをTwitterでつぶやく Check
カテゴリー: アイテム タグ: , , , , ,
  1. コメントはまだありません。