ホーム > トレーニング > カラダほぐしてますか?

カラダほぐしてますか?

2009 年 5 月 8 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン

トレイルのようなアップダウンのあるコースを長距離走るとすぐお尻あたりの筋肉が痛くなります。
特に自分の場合、レースで激しい登り階段などを長いこと走って筋肉を酷使するとお尻を中心に腰まわりがパンパンになり、その痛みでずっしりと疲労が溜まった気がしてその後のモチベーション低下にかなり影響します。
以前はよくマッサージに通っていたのですが、いつもお尻の上部の筋肉を指圧されるとシビれるぐらい痛く悶絶します。誰もがそこを押されると痛いポイントなんだろうぐらいにずっと思っていましたがどうやらここまで痛がるのは自分だけらしい。
もともと股関節まわりも硬いし、デスクワークが多いせいか肩こりもなりやすい。
何よりこの臀部の痛みを取るには凝り固まった筋肉をほぐすのが先決であり、それには筋トレよりもストレッチが重要であろうという結論に達しました。
というわけで、今後のレベルアップとしなやかな筋肉を手に入れるためにも毎日ストレッチをしております。
筋トレは辛いのでだんだんと手を抜きがちですが、ストレッチは気持ちがいいしリラックスもできるので長続きします。また速攻性もあるのでわりとすぐに効果が実感できます(ほっとくと戻るのも早いですが)。
ストレッチ・メソッドストレッチ本で最近買ってよかったのが、谷本道哉氏、石井直方氏著の「5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド」。
実際にどこについている筋肉を意識して伸ばせばいいかが図解で載っているので非常に効果的です。間違った姿勢も記載されていたり、解説もわかりやすい。
「この部位を伸ばすにはこの動き」というのがすぐに引けるので使いやすい。
掲載数も多すぎず少なすぎずなので一回で全身を一通り行ってもいいし、ランやスポーツの前後に自分の必要と思えるストレッチだけ選んで行うのもありです。

お尻のインナーマッスルのストレッチは相当効きました。
指圧ではほぐせなかった大臀筋よりもっと奥の「そうそう、そこそこ、そこがずっと痛かったの」と思える筋肉をダイレクトに伸ばしている感じが実感できました。
(でもこの尻を完全にほぐすには相当時間かかりそう)
ケガを予防するためにもしなやかでナイスなバディに近づくためにも普段からのストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか?

Clip to Evernote このポストをTwitterでつぶやく Check
カテゴリー: トレーニング タグ: , ,