ホーム > 鎌倉ライフ > 第5回鎌倉検定

第5回鎌倉検定

2011 年 7 月 24 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン

今日は鎌倉検定を受験してきました。

鎌倉検定は鎌倉商工会議所が主催するいわゆるご当地検定です。
鎌倉に関する歴史、文化、観光、自然、暮らしなど多分野にわたる知識の深さを認定する検定試験です。試験は1年に1度だけ行われ今年は5回目です。

昨年も3級を受験したのですが、あっさり不合格。
一週間前ぐらいにまともにテキストを開きだして、結局ほとんど一夜漬けに等しい状態で受験しましたが、世間はそんなに甘くはありません。
4択式とはいえ出題範囲も広く、似たような人物や神社仏閣も多く、テキストを読み込んでおかないと回答できないような問題も多数あり、付け焼刃ではとても歯が立ちません。
ちなみに昨年の3級合格者率は51.7%。それ以前の合格率が60%~70%だったことを考えるとかなり難し目の問題が多かったのかもしれません。

ろくに勉強をしてなかったとはいえやはり不合格は悔しいもの。
今年はなんとしてもリベンジです。鎌倉在住の人間として2回連続落ちは是が非でも避けたいもの。

半年前ぐらいからちょこちょこっと勉強し始めましたが、気が付いたらあっという間に1か月前。ちょっと焦りも感じながら、カバンには常にテキストブックを忍ばせ暇があれば読み進め、1週間前からは3級の過去問4年分に挑戦。直前になって2級、1級の問題も挑戦しましたが、(2級は特に)ケタ違いに難しくて逆効果になりそうだったので3級の問題だけ9割5分以上解けるように繰り返し覚えました。
あと確実に出題される祭事と主要な年号や数字は一通り暗記。
勉強時間はほとんど行き帰りの通勤電車の中だけでしたが、試験直前の数日間はなんだか学生時代に戻ったような気分でした。

kamakurakentei2011.jpgいざ、試験当日。
いざ、鎌倉検定!!

鎌倉女子大が試験会場。ここは松竹の大船撮影所の跡地です。
大船撮影所といえば1936年に蒲田から移転。ゆかりのある人物といえば小津安二郎。小津安二郎と言えば東京物語、晩秋、秋刀魚の味.. 映画といえば川喜多長政、東和商事、雪ノ下に記念館… なんてことが今だったら言えます。
たぶんすぐ忘れちゃいそうですけど..

試験問題をパラパラっとめくった瞬間に「あ、イケるな」という感触はありました。
今年は過去の問題からの出題が多い。ぱっと見た感じ見憶えのある問題がずらずらっと。
やっぱり昨年が難しすぎたので過去出題済み、もしくは関連するような問題を増やしたのでしょうか?予想どおりオバマさん関連の問題もありましたね。

100問全部回答した後、再度頭から読み違えやひっかけがないか細かく確認しつつマークシートに記入。全部記入した後うっかりの番号ずれや記入ミスがないか念には念を入れてチェック。
うっかりミスがなければ85%はイケそうです。自信のないところをもう一度じっくり検討してみて、それでも時間が相当あまったので早めに退出。早い人は開始30分もしないうちに退出してました。

終了後軽く自己採点。ケアレスミスがなければ90%はイケそうな雰囲気。70/100問正解すればいいので何かよっぽどのことがない限り今回は合格できそう。ふぅ~、一安心。
重たいテキストから解放されることと、この一年ずっと心に奥に引っかかっていた問題の一つが解決できたような気がして、なんかほっとしました。

試験の結果も重要ではありましたが、鎌倉の歴史や地理、旧跡や文化財、行事や花など改めて勉強してみると、自分の住む家のまわりや何気なく毎日歩いている道にも様々な発見があることに気がつきました。

かつてその土地には有力な武将が住んでいたり、古い建物もただ古いのではなく歴史のある建物を極力当時のままに保ち続けられていることだったり、普段素通りして見逃していた石碑も実は歴史上重要なことが記載されていたり…

毎日見る江ノ電も単に”古い電車”だったのが、”昨年全線開通して100周年を迎えた日本で3番目に古い(当時は6番目)電気鉄道”としてみると俄然リアリティが増すし、哀愁も感じます。

この場所はどんな歴史があったのだろうと考えるようになったし、今までアジサイぐらいしか気にしていなかった花や木の名前や色だったり、マンホールの蓋の絵柄さえも注意をして見るようになりました。

もちろん寺院・神社も、建立された時代だったりその背景、またそこにゆかりのある人物の相関関係やどんな生涯だったかが見えてくるようになると、断然興味の持ち方も変わってきました。

今まで平面的に見えていたものが、より立体的で奥行きがあるような感じられるようになったのは検定合格のためとはいえ勉強してよかったなと思いました。

やっぱり鎌倉は面白いところですね。
改めて自分は素敵な土地に住んでいるなという実感をしました。

無事合格通知が届いたら来年は2級にチャレンジしようかな。

Clip to Evernote このポストをTwitterでつぶやく Check
カテゴリー: 鎌倉ライフ タグ: ,
  1. sasashin
    2011 年 7 月 30 日 23:52 | #1

    いつもお世話になっている鎌倉、来年受けてみたいです。

  2. 2011 年 7 月 31 日 07:22 | #2

    去年勉強しなさすぎたってのもありますが、今年は拍子抜けするぐらい簡単でした。
    傾向として来年はまたちょっと難しくなるかもね。