アーカイブ

2009 年 2 月 のアーカイブ

モチベーション

2009 年 2 月 28 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

lafuma青梅高水山トレイルランのゼッケン(をお知らせする案内)が届きまいした。
黄色い紙切れ一枚入っていただけです。
「ゼッケン番号は封筒の宛名ラベルに印字されています。」
おっと、昨日の雨で封筒が湿っていて破けてしまったので危なく捨ててしまうところだった…

30km部選手は折り返し地点の高水山常福院境内にある本堂で鈴を鳴らし、一礼をし、御守りを首にかけてもらい、復路について下さい。

鈴を鳴らして、御守りを首に…って相当面白い!
ちなみに高水山は関門の制限時間がけっこう厳しいらしい。
本番は1ヶ月後。
目標だったり締め切りがあるとモチベーション上がります。
ランとは関係ない話ですが、先日仕事の依頼でありがたいことに久しぶりに海外に行く話をいただきました。
一週間ほどの出張仕事だけど、今の職場とはまったく別の仕事で、行くとなれば今の仕事にも相当影響がありそう。現実的に考えるとかなりムリがあり最初はお断りしようかと思いましたが、一晩考えてやはりお受けしようと考え直しました。
課題も山積みだし、実際に仕事として成立するかもわからないけど、まだ二ヶ月ぐらいあるし、なんとか調整できるかもしれない。
最近放置していた英語の勉強ももう一度やり直ししなければ!(実はそれが一番の不安だったりして。仕事がかぶっている事は自分へ言い訳だったりするのかもしれない…)
めんどくさがりで三日坊主のワタクシですが、やはり目的や目標があるとモチベーションがあがります。
明日は三浦国際市民マラソンに挑戦です。
走ることによって自分の限界に挑戦する。そしてその限界をちょっと乗り越えることができた時の感動が楽しくて、また次のランを求めてしまうのかもしれない。
…なんてそこまでの境地には達してませんが、明日はのんびり楽しみたいです。

ヒザ痛ループから脱却 @ ワコール CW-X

2009 年 2 月 26 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

前回の続きにもなりますが…
日常的にすぐにできる運動であれば、ランニングやジョギングが一番手軽に始められます。
もともとそんなに運動するほうでもなく、数年前まで500メートル走るとすぐに膝が痛くなるほどでした。
膝が治るまで1、2週間かかり、その間走ることができずに悶々とし、治ったころに走り出すとまた膝が痛くなるの繰り返しでした。
運動するにも始めはウォーキングや水泳など足への負担が少ないところから始めればよいというのは重々承知しておりましたが、どーしても汗をかいて爽快な気分になりたかったんですよね。
走って汗かいてすっきりしたかったのに、逆に走りたいけど走れないストレスが積もってゆくのでした。
そんなわけでまず膝サポーターを導入しました。間接部分を安定させるスポーツ用のサポーターです。(タイツが広まったためか最近はあまり見かけなくなってきた気もします。)
サポーターを着けるとたしかにヒザの痛みが出にくく、走れる距離が増えました。スピードも出せるようになりました。
ただある程度スピードが乗ってくると、どーしても走っているうちに下にズレてきます。
ズレにくくする構造になっているためか脹ら脛にかかる部分が強く圧迫され非常に足が疲れました。
CW-X
というわけで、その後サポートタイツであるワコールのCW-Xを導入しました。
サポートタイツだとワコールとSkinsとで人気を二分しますが、イチローが使っているという理由だけでCW-Xを選択。スキンズはちょっと黄色いラインが主張していてコーディネートが難しそうな気がします…強そうだけど。
CW-Xを穿くようになってから膝も痛くならないし、脹ら脛や脚全体も疲れにくくなった気がします。こうなると俄然走る事自体が楽しくなってきて、段々と走れる距離も伸びていきます。

ある時もう膝も大丈夫なんじゃないかと思ってノンCW-X状態で20kmぐらい走ってみたら案の定膝が痛くなり、今ままでCW-Xの鉄壁の守りにガードされていたんだということを実感したのでした。500mもろくに走れなかった男が20kmも走れるようになっただけでもすごい進化ですが..
今ではタイツのサポートなしでは怖くて長距離走れません!(笑)
「着るサプリメント」のスキンズも、使っている人が多いしよさげだなーとは思うのですが、膝のサポートについては特に言及してないんですよね。もちろんガードしてくれないわけじゃないでしょうし、脹ら脛から臀部にかけて幅広くケアしてくれてパフォーマンスの向上が期待できそうですが、膝が不安なNEGOはやっぱりCW-X派です。でもスキンズの白のカモフラ柄はかっこいいのでCW-X破れたらちょっと試してみようかと思ってます。

続きを読む…

カテゴリー: アイテム タグ: , , ,

ココロとカラダのバランス

2009 年 2 月 26 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン コメント 2 件

balance運動して汗をかいているほうが体だけでなく精神的にも調子がいい。
最近特に思うけど仕事で頭だけ疲れている状態よりもムリにでも時間を作って体を動かしたほうが、眠りも深いし食事もうまい。
仕事だけこなしてさっさと寝るよりも、体も疲れさせた方が結果的に早く回復するしストレスも溜まらない気がします。
要はココロとカラダのバランスなのかなーと思います。
そして食べたい時に食べたい物を食べる。
肉体と精神の調和がとれている時であれば、カラダが必要とする栄養分を含んだ食品を自然と食べたくなるような気がするですよね。もちろんある程度の節度は必要ですが。

さらにそれを体に吸収している時が一番おいしいと感じる!
これが自然体なのではないでしょうか?
でも辛いものと生クリーム系はいつでも食べたい気がするだよな~。(それって単なる好き嫌いか!)

カテゴリー: トレーニング タグ:

エクストリームな男が遊びの天才に登場 @ Daytona3月号

2009 年 2 月 26 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

day213.jpgエクストリーム・アイロニング・ジャパン松澤等氏がDaytonaのNo.213(2009年3月号)に登場です。
「MORE THAN EXTREME -エクストリームという極限を楽しむ男たち-」というテーマで、そもそもエクストリームアイロニングとは何かから始まり、極限な環境下で行うアイロニングの癒し効果や松澤さんのアイロニングに対する熱き思いを4ページに凝縮して綴られています。
Daytonaは所ジョージ好きな所狂としては必ず目を通す雑誌ですが、BSフジの世田谷ベースとネタがかぶっている(連動しているという言い方もできますが)こともしばしば..
所さんの世田谷ベース」もまもなくDVDのVol.3が発売です。
エクストリームな男とは真逆な生き方にも見えますが、どちらもリスペクトな人たちです。