アーカイブ

2010 年 1 月 のアーカイブ

ブログ引越しします。

2010 年 1 月 27 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

ブログを移転することにいたしました。
現在fc2及びSeeSaaに別々のブログと存在していましたが、このたび統合して、ひとつのドメインで運用することにいたしました。システムはWORDPRESSです。
レンタルサーバーは紆余曲折あって、結局ロリポップに戻ってきました。
少々もっさりしているのが気になりますが、プラグインでキャッシュして多少はごまかしています。

ブックマークやフィードを購読されていましたら、お手数ではございますがURLの変更をお願いいたします。旧サイトもしばらくはそのまま生かしておきます。

[note]■旧サイト 『NEGO blog』 , 『KAMAKURA★BASE
     ↓ ↓ ↓
■新サイト 『kanegonia』[/note]
ブログは主にトレイルランに特化したページと、仕事や一般的なものとを分けてあります。
kanegonia ブログ (旧 KAMAKURA★BASE)
http://kanegonia.com/blog/
Team kanegonia トレラン部 (旧 NEGO blog)
http://kanegonia.com/trail/
(一部統廃合あり。)
ミニブログってほどでもないのですが、自分メモ、ぼやき、グチ、独り言…は今までどおりTwitterにきまぐれでつぶやいております。

[important]RSSフィードのURLはこちら↓になります。
kanegonia ブログ
http://feeds.feedburner.com/kanegonia
Team kanegonia トレラン部
http://feeds.feedburner.com/kanegonia/trail[/important]

今現在もサイト移行中のためお見苦しい点や未完成部分も多々あり、デザインもぜんぜん仮ですが徐々に形にしていきたいと思います。本当は年明けと同時に移行したかったのですが、時間がなくて難航を極めました。
このままズルズル行くと来期になってしまいそうなので、突貫工事で取り急ぎバックエンドだけ形にして、一ヶ月遅れでオープンに漕ぎ着けました。フロント部分は時間をみてちょこちょこ直していく予定です。
トレラン部(仮)ではブログだけでなく、鎌倉湘南エリアでのトレイルの情報なども盛り込んでいこうと思っています。
(あれこれ構想はありますが時間がなさすぎ…)
とりあえず、Googleカレンダーで使える「トレイルレースカレンダー」だけ設けてあります。

今後とも引き続きよろしくお願いいたします。(*^ー^)ノ

たい焼き「なみへい」 @長谷・由比ガ浜

2010 年 1 月 11 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン コメント 2 件

昨年暮れ由比ガ浜大通りにたい焼き屋がオープンしました。
たい焼き なみへい
F1000287.jpg
ここのたい焼きがめちゃめちゃうまい。
見た目は焦げ付いたりあんこがはみ出てたりしてますが、食べてみると皮がパリパリと香ばしく、あんも甘すぎなくて絶品。香りがすばらしい。
以前白たい焼き屋でがっかりしていたので、あまり期待せずに元旦に初めて(大晦日にオープン)訪れて食べてみたらビックリ!
ここ数年で食べたたい焼きの中でもダントツNo.1のうまさです。
鯛もなかなか美形です。
鋳型は昔ながらの形のものを特注で用意したらしく、同時に焼けるタイの数が少ないです。
型からタイを取り出すのもコツがいるみたいで時間がかかり、はみ出たアンをカットしたりも含めると、注文してから口に運べるまでしばらく時間がかかります。
なので頼んでから店内で少々待つことになります。
それでも焼きたてのたい焼きを食べたらやみつきになります。
種類はあずき(150円)と抹茶あん(200円)。
抹茶あんは多くは作れないらしく午前中にはなくなってしまうそうです。
現在店内テイクアウトのみですが、おみやげとして人に差し入れとして持っていったら喜ばれることうけあいです。
近所なのでちょこちょこ買いに行きたいけど、願わくば行列ができて買うのが困難にならないで欲しいなと思います。
[店舗情報]
たい焼き なみへい

http://www.taiyaki-namihei.com/

神奈川県鎌倉市長谷1-8-10
0467-24-7900

大きな地図で見る

続きを読む…

鎌倉七福神巡りラン

2010 年 1 月 11 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

昨日の湘南七福神巡りランの後に時間があれば鎌倉七福神もまわっちゃおーと思ってましたが、時間がなかったので断念。でもなんか心残りだったので翌朝連チャンで「早朝鎌倉七福神巡りスピードラン」をしてきました。
F1000276.JPG
この日は早朝しか空き時間がないのでまだ開館前にさらっと巡っていきます。各お寺での所要時間3分以内。
北鎌倉まで電車移動して走って七福神巡りのスタート。
ルートは、北鎌倉駅→浄智寺(布袋和尚)→鶴岡八幡宮(弁財天)→宝戒寺(毘沙門天)→妙隆寺(寿老人)→本覚寺(恵比寿)→長谷寺(大黒天)→御霊神社(福禄寿)→自宅
F1000278.JPG浄智寺(布袋和尚)
F1000280.JPG鶴岡八幡宮(弁財天)
F1000281.JPG宝戒寺(毘沙門天)
F1000282.JPG妙隆寺(寿老人)
F1000283.JPG本覚寺(恵比寿)
F1000284.JPG長谷寺(大黒天)
F1000285.JPG御霊神社(福禄寿)
有料のお寺もあり、そもそも開館時刻前なのでお参りはなし。
写真だけ撮って即移動。
おそらく最短と思われるルートを4分/kmペースなのであっという間。
最後の御霊神社まで35分で巡れてしまいました。
このペースなら前日でもまわれたな。
鎌倉の七福神にはもうひとつ、鎌倉江ノ島七福神という括りもあり、こちらは江ノ島の弁財天が加わります。
そうすると弁天様が2人になってしまい八福神というわけですね。こちらの弁天様は安芸の宮島、近江・竹生島の弁財天とともに日本三大弁財天の一つに数えられております。
なぜ無理やり離れた江ノ島神社をくっつけて8人体制にしたのかはなぞです。こっちがもともとの組み合わせなのか、はたまた江ノ電の策略なのか?神のみぞ知るです。
三浦半島だと鎌倉江ノ島、逗子・葉山の他に三浦七福神だったり、藤沢七福神というのがあるみたいです。
もう少し範囲を広げると小田原や箱根にも至るところで七福神ってあるらしい。
箱根は一度巡ってみたいなと思います。走ってね。

トレイルランニングの定義

2010 年 1 月 10 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

先日「トレイルランニング(レース)の定義」とは何かというお話を聞く機会がありました。
それによると

・コースの75%以上が未舗装の路面であること
・高低差があること
・自然による障害物があること
・景観がよいこと

以上の4つが当てはまることがトレイルランニングレースとして(行政的に?)認可される条件らしい。ソースが定かではないのでこうであると名言はできないけれど、言われてみると確かにそうかもと思いました。
多くのレースに参戦していますが、確かに上記の条件には合致しています。
未舗装の路面とはアスファルトなどで舗装された道ではないこと。自然の土の道や砂利道などです。まったく整備せれていない山や森の中を走るのは含まれません。
自然による障害物とは倒木や岩や瓦礫など。人間が意図的に作った障害は違うということになります。
よく混同されるクロスカントリーとは何が違うのか?
通常道ではないところに新たにコースを作って走る競技がクロスカントリーで、トレイルランニングはハイキング用の道や登山道など整備された(舗装はされていない)道を走る競技というのが自分の認識ですが、これはいまいち自信がありません。わかる方いれば教えてください(レースの4つの条件についても同じくです)。
そもそもトレイルランニングとはなんなんでしょう?
改めて確認してみたくなり、自宅にある書籍を取りだしてみました。
日本のトレイルランの第一人者、石川弘樹氏著「トレイルランニングを楽しむ」によると

トレイルランニングは、登山道や林道、ハイキングコースなど、おもに山の中にある自然の道(トレイル)を走るスポーツである。

山道を走る競技としてはクロスカントリーや、山岳レースと呼ばれているものなどもあり、なにをもってトレイルランニングとするか、という明確な定義は難しい。

2009年UTMB第3位、世界の鏑木毅氏著「トレイルランニング」によると

トレイルランニングは、近年、欧米を中心に世界的に行われている山道(トレイル)を走るという新しいランニングスタイルです。

また

トレイルランニングは、ランニングとハイキングのいいとこ取りのスポーツです。

だったり、

トレイルランニングは、「自由」で「想像的」なスポーツだと思います。

とも記されています。(一部抜粋)
どちらにも共通して書かれていることが、トレイルランニングとはアウトドアアクティビの1ジャンルとして、自然の中で走ることを楽しむスポーツだということです。
気が付くとトレイランを初めて早1年以上。
今までは山を「走ること」を「ただ楽しむ」だけでしたが、今年は今一歩踏み込んで地理や技術面、安全面だったり自然環境にも意識も持ち、より深くトレイルランニングに関わっていきたいと思っています。もちろん「楽しむ」ということを忘れずに。