アーカイブ

2011 年 6 月 のアーカイブ

塔ノ岳のコーヒーと鍋割山の鍋焼きうどん

2011 年 6 月 26 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

20110626_coffee.jpg 20110626_udon.jpg

日曜日は東丹沢へ。鎌倉エリア以外の山にまともに来たのは久しぶり。

DSC00939.JPG
最初の目的地は丹沢山塊の霊峰「大山」。
伊勢原駅よりバスで大山ケーブル駅まで。

DSC00946.JPG
8時ちょうどにスタート。
みやげ物店を抜け、女坂から阿夫利神社下社へ。天気予報では完全に曇り予報でしたが、別名雨降山というだけあって上に進めば進むほど霧が濃くなりしっとりしてきます。
今回水分を目一杯持ってきたのでザックがパンパン。重いのと湿度が高いのとで全身汗だくです。

ノンストップで表参道側から大山山頂の阿夫利神社本社へ。
山岳部の学生らしき集団によく出会います。
山頂到着が9時ちょっと過ぎ。体が冷えるので軽めの休憩を後折り返し。

DSC00950.JPG
表参道の鳥居の下あたりからヤビツ峠に抜けます。
ここはひたすら下るだけなので楽チン。

DSC00958.JPG
ヤビツ峠は車道とぶつかります。バス停もあるのでここから大山に登る人も多いらしい。
たぶんこちらからの方が登りやすい。

ここでマイミクさん(になってたよね?)にバッタリ遭遇。今日はチャリで登ってきたみたい。
自販機でコーラを補充して、塔ノ岳へ向かいます。

どこまで行っても深い霧に包まれ景色は真っ白。三ノ塔も鳥尾山も何にも見えません。

DSC00971.JPG
12時ちょうどに塔ノ岳山頂到着。今回の最高峰1491m。
さすが丹沢でも人気の塔ノ岳。登山客が大勢います。お食事休憩を取りますが、風が強くて体が冷えます。

20110626_coffee.jpgあまりに寒いので尊仏山荘でコーヒーを注文。山で飲むコーヒーってなんでこんなにうまいんでしょう。
ここのコーヒーは山頂から30分の不動ノ清水から汲んできた水を使っているそうです。

コーヒーで体も温まったので再出発。この先どちらに向かうかは特に決めてなくて、時間のある限り丹沢主稜を進もうかと考えていたけど、思ったほど先に進まなかったので鍋割山方面に向かうことにします。

DSC00976.JPG
塔ノ岳~二股分岐~鍋割山のルートは緑がきれいでアップダウンもきつくないのでほんとに走りやすい。ここはおすすめの道です。景色は相変わらず真っ白ですが、セミの鳴き声が激しく鳴り響いています。

DSC00988.JPG
ほどなくして鍋割山山頂に到着。

20110626_udon.jpgここでは名物、鍋割山荘の鍋焼きうどんを頼みます。
大自然の中で食べるアツアツの鍋焼きうどんは絶品。体が温まります。
具沢山なのがいいのですが、中に入っていたカボチャの天ぷら(たまたま今回入っていたのかな?)は失敗。汁が甘~くなり残念な感じに。キノコ類は食べたことないくらい味がしっかりしてました。

お腹もタプタプになったのでそろそろ下山モード。
路面はウェットなのでこけてつまらないことにならないよう気をつけながらもダダーと駆け下ります。

DSC00990.JPG
途中で鹿数匹と遭遇。シャイな鹿だったので残念ながら写真は撮りそこねました。
沢を越えたり、途中の滝で水分補給をしながら下っていくと林道に出ます。

あとはひたすらこの西山林道を大倉バス停までゆるゆると下っていきます。
7km近くある林道ですが、単調なのでかなり飽きます。
トレーニングだと思って走る分にはまだいいけど、80分くらいかけて歩くのは相当退屈じゃないかな?(それでも大倉尾根のルートからをだらだらと登り下りするよりはマシみたいだけど)

DSC00992.JPG
長~い林道から農道に出てしばらく進むと大倉バス停に到着。
15時だったのでだいたい7時間ぐらいかな。ちょうどよい時間に帰ってこれました。本日の走行距離は25km。外界は普通に晴れていました。

バスで渋沢駅へ行き、鶴巻温泉弘法の湯でひとっぷろ。
この温泉数年ぶりに来ましたが、値段のわりにお風呂のスペースは広くもないし、サウナはあるけど水風呂もないのでいまいちだな、やっぱり。

丹沢は三浦半島や箱根の山とはまた違った魅了がありますね。
いつか山小屋泊などをおりまぜながら丹沢主稜を縦走してみたいです。

鎌倉江ノ島ナイトランでホタルをみる

2011 年 6 月 24 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

20110623.jpg
今日はめずらしく早く帰宅。
夏至の翌日ということもあり19時近いというのに外はまだ明るい。
ネコちゃんにご飯をあげてからナイトランに出発。

1時間で帰ってくるつもだったので江ノ島方面へ。由比ケ浜の自宅から江ノ島の入り口まで片道6kmなので往復でちょうど1時間ぐらい。

R134沿いは風が強く、サーファーもたくさん。
いいなぁ~、夕方からサーフィンできる生活に憧れます。

砂が目に入り走りづらいので、1本奥まった江ノ電沿いの道をラン。
江ノ電と並走も楽しいです。

小動神社や腰越など、あちこちで和太鼓の音が聞こえてきます。
近々お祭りでもあるのかな、チビッコたちがおはやしの練習中。なんか夏って感じです。

江ノ島入口の交差点まで来てUターン。まっすぐ戻るのも楽しくないので江ノ電江ノ島駅をまわって龍口寺~腰越中学~鎌倉高校を経由してR134に戻ります。

気がつくと日も落ちきって真っ暗。R134はやっぱり電灯が少ない。
再び江ノ電沿いを走りつつ稲村ヶ崎、極楽寺。
ここでもチビッコがおはやしの練習中。風情がありますね。

極楽寺でもホタルが見れるというをふと思い出し、せっかくだから見学に行くことにします。
近所とはいえ実はまだ一度も見に来たことはなく、その正確な場所もわかりません。
多分今日のこのタイミングを逃したら今年はもう見に来るチャンスがないような気がしたので感にまかせて行ってみることにします。
基本的に水辺にしか存在しないはずなので、なんとなくこの辺かなというというアタリはつけていたので行ってみますが、なんか雰囲気的に違うっぽいので引き返し。う~ん残念ここだと思ったんだけどな。戻りますか。
帰り際に暗闇から子供の声が聞こえる場所があったのでそちらの方向へ行ってみるとビンゴ! 数はそれほど多くないけど、ひらひらと淡い光が舞っています。

LEDのような人工的な明かりに見慣れてしまっているせいか、その明かりはあまりに小さく、弱く、頼りなく、それでいて生命を感じるやさしい光でした。
極楽寺という場所(地名?)のせいか、ホタルの光が優雅に飛び回る様は、まるで魂が漂っているような神秘的な感じがしました。

チビッコたちは近くを舞うホタルを追いかけようと必死。田んぼの落ちるなよ~。

さあさあとっくに一時間をオーバーしてしまったのでとっとと帰ります。
帰り際にコンビニでビール購入。走った後のビールは最高です。

あんまり夜は走らない方ですが、なんだか充実したナイトランでした。
走行距離15km。

久しぶりに泳いできました。

2011 年 6 月 15 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

最近節電対策の一環でノー残業デーなるものができ、水曜日は定時で帰ることが義務付けられ、時間ができた(と言っても残った作業は自宅でやったり翌日以降に回されるんですが)ので、久しぶりにオフィスから歩いていけるスポーツセンターのプールで泳いできました。

公共施設であるが故に震災以降営業時間が大幅に短縮され、仕事帰りに立ち寄るなんてとてもできないような時間でクローズされていたのですが、6月以降は今までどおり22時までの営業に戻ったようです。

一時期泳ぎに行きたいなと思い調べたのですがゴールデンウィーク前までは、自分が通える範囲にある公共のプールは連番停電や安全管理の面から軒並み夜間の営業を自粛いたり営業自体中止になっておりました。
何はともあれ、泳ぎたい時に立ち寄れるようになったのでよかった。
ちなみに区営の施設なので料金も400円と格安です。

営業は平常どおりに再開されたようですが、施設内は節電で暗くなってました。特に問題はないですが。人は以前たまに来ていた時よりも少なく感じました。

500m泳ぐのってこんなに苦しかったっけ?…

25m泳ぎきるごとに、他の人が余裕でターンしていくのを横目にゼーゼーしながら一休み。
これはかなりの心肺機能のトレーニングになるわぁ….
後から泳いでくる人に追いつかれないか気にしながら泳ぐのはなかなかのプレッシャーです。
。早い人にはなるべく先に行ってもらいます。

25mプールを休み休みではありますがなんとか10ターンすることには、疲れて無駄な力が抜けたせいか逆に少し楽に泳げるようになりました。

走ったらたった5分の1kmという距離もヘナチョコ泳ぎでは1時間近くかかる始末。
これでも小学生の頃はスイミングに通っていたし、高校の頃はプールの監視員のバイトをやっていたので毎日泳いでトレーニングとかしてたんですけどねぇ…

とりあえず1km頑張って泳ぎきった頃には、人も少なくなってきたせいかマイペースで泳げたのでリラックスできたせいか気持よくなってきて、最終的は50ターンほど泳いで本日は終了。

肩と二の腕がパンパンでもう手が上がりません。
これは定期的に続けていれば痩せますわ。水泳選手が逆三角形のいいカラダしているのも納得できます。

それにしても泳ぎ終わって服を着たあとのあの爽快感はなんなんでしょう。
風呂上りのそれとはまったく違う感覚。適度な筋肉の疲労感から来るものなのか、ぽわ~とした気分になります。スイミングに通っていた頃も泳いだ後っていつもこんな感じだったなぁとというのを思い出しました。
靴を履いた時に気持ちがいいと感じるのも泳いだ後だけですね。
不思議だなぁ、何なんだろうこの感覚は。

泳いだあとのビールがさぞかし旨いかと思っていたけど、塩素たっぷりの水を結構飲んでしまっているせいかそんなに飲みたい気持ちにもならず。これは痩せちゃうかも(続けていけば)。

今後も週1ぐらいでは泳ぎに行きたいなと思います。