アーカイブ

‘モニター’ カテゴリーのアーカイブ

ガーミン『ForeAthlete 110』をモニターしました

2012 年 6 月 30 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

garmin110-008.JPG
ガーミンの『ForeAthlete 110』をモニターとしてしばらく利用させていただきましたのでレポート致します。

GARMIN ForeAthlete 110はGPSを内蔵したランニング用トレーニングウォッチです。
ForeAthleteシリーズにはいくつかモデルがありますが、110はその中でもエントリーモデルに該当します。

同じモデルでForeAthlete 110とForerunner 110というのがありますが、ForeAthlete 110は設定などのメニュー表記が日本語になっています。それ以外は大きな違いはありません。
(Forerunnerの方は直輸入の購入になるのでその分お安いのですが、保証や故障した時のサポートが基本ありません。)

エントリーモデルということでボタン操作や設定はとてもシンプルです。
Forerunner 405というモデルをすでに所有していますので、ガーミンウォッチの操作には慣れていますが、405に比べると110はびっくりするぐらい設定項目が少なく、ボタン操作もほとんどワンタッチぐらいなので、初めての方でもすぐにトレーニングを始められます。

garmin110-001.JPG
garmin110-002.JPG
購入後、箱からForeAthlete110を取り出して電源をオンにします。
初期設定の質問にいくつか応え、GPSを受信します。
後はstartボタンを押すだけでトレーニングが開始できます。

garmin110-003.jpg
開封の儀。
405も発売当初はGPS内蔵時計としては画期的に小さいサイズではあるものの、それでもやや無骨な印象がありましたが、110はもはや普通の時計サイズです。
シンプルで細身のデザインなので、女性の腕にもマッチすると思います。
405、410のようなタッチセンサーによるベゼル操作はできませんが、逆に直感的なボタン操作ができるので必要十分です。
405は雨に濡れるとセンサーが誤動作を起こして、まともと操作できなくなってました(笑)

garmin110-004.JPG
GPSの衛星捕捉も405に比べるとずいぶん早くなった気がします。
GPS機能を利用して、距離、スピード/ペースを正確に記録することができます。

PCと接続することにより、走行データの詳細な解析や走った奇跡を地図で確認することができます。
後で地図で確認する作業が楽しくて、個人的にはほとんどこのためにGPSウォッチを利用している気がします。

いつもと違ったルートや初めて行く土地を走った後に、地図で自分が走ったルートをPCで見て「あ〜こんな所を走ったんだー」「こんなに高低差があったのんか」と確認するのが楽しくてしかたありません。
トレイルラン二ングで山を走った時も「こんなに長い距離走ったんだ〜」「尾根伝いのコースだったんだなぁ」といった確認もできます。
それを参考に次回はあっちの道を走ってみよう、こんなルートをまわってみようとか考えると、トレーニングのモチベーションも持続します。
単にペースや距離だけ計るよりも、走る楽しみ方が広がります。

garmin110-006.jpg
充電やPCとの接続は付属のUSBクリップケーブルで行います。

PC上でログデータを管理するアプリケーションには、PCのローカルで管理できる「Garmin Training Center」とインターネット上で管理できる「Garminコネクト」とがあります。

garmin110-012.jpgGarmin Training Centerは地図がGoogleマップでなかったり、日本国内の表示が英語表記だし大雑把なので正直使い物になりません。
Garminコネクトの方は地図も見やすく詳細までデータ分析ができたり、ネットを通じて情報をシェアすることができるのでこちらを使用することをおすすめします。

また、個人的にiPhoneで利用できる『RunKeeper』というランニング用アプリをよく利用しています。
ランニングやウォーキング、サイクリングなど14種類のエクササイズを測定、管理できるツールで、普段はRunKeeperでランの記録をiPhoneのアプリケーション上から直接行っています。
Garminコネクトと同じようにウェブ上でトレーニングデータを管理したり、共有したりすることが可能です。日本語表示には対応していませんが、分かりやすい画面構成で、iPhoneとも自動で同期ができるので便利です。

ガーミンForeAthlete 110のログデータをPCからRunKeeperに読み込むこともできるので、日々のトレーニングデータを使い慣れたツールで一元管理するといった使い方もできます。


[画像はGarminコネクトの画面]:六甲山縦走を行った時のデータ

ForeAthlete 110には付属ではありませんが、別途心拍計を使えば、心拍数を確認しながらトレーニングすることができます。
405に付属していたハートレートモニターがありましたので、試しに使用してみましたが問題なく認識できました。
もちろん心拍数の情報も記録されますので、高低差やペースと合わせて心拍数も確認することができます。

garmin110-009.jpg
バッテリーはトレーニングモードで8時間使用可能です。
実際に六甲山縦走を行った時もGPS、ハートレートONの状態でちょうど8時間保ちました。なかなか優秀ですが、トレランやウルトラマラソンで使用する場合はもうちょっともちが良いと安心ですね。
ログ記録中にバッテリーが落ちるとどうなるかなと思ったのですが、落ちる直前の情報まできっちり記憶されていました。

garmin110-011.jpg
たまたまモニターで利用したものだけ初期不良だったのか思いますが、防水仕様のはずなのに使用初日のうちになぜか内部に水滴が入ってしまい曇って画面が何も見えなくなってしまいました。何時間か放置しておくと乾いてまた見えるようになるのですが、気温や湿度によってたまに曇ってしまうことがありました。だましだまし使ってますが、一度でも内部に水分が入ってしまうといずれはパーツが錆びてきてしまうので、交換か修理をお願いしようかと思います。

garmin110-007.JPG
Forerunner 110は非常に軽くてシンプルなトレーニングウォッチです。
405も多機能ではありましたが、実際はリアルタイムのペースや距離、心拍数など非常に限られた機能しか利用していなかったなということに気付きました。110もエントリークラスではありますが、必要十分な機能は備えているモデルです。

もちろんランニングだけではなく、ウォーキングやトレッキングでも利用できますし、余計な機能を削ぎ落したシンプルなモデルなだけに金額もリーズナブルですのでGPS内蔵したトレーニングウォッチが欲しいなとお考えの方にはおすすめできる製品だと思います。

カテゴリー: モニター タグ: , , ,

ブロガーイベント:サントリー武蔵野ビール工場で「ザ・プレミアム・モルツ講座」

2012 年 3 月 25 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off
malts_21.JPG

サントリー武蔵野ビール工場で行われブロガーイベント「ザ・プレミアム・モルツ講座~ビールの最高峰を目指すつくり手たち~」に参加してきました。

こだわりの素材や製造工程を紹介いただき、工場内でビールの製造工程を見学してきました。
もちろんザ・プレミアム・モルツの試飲も堪能してきましたのでレポート致します。

2005年からモンドセレクション3年連続最高金賞受賞した「ザ・プレミアム・モルツ」が先日3月13日にリニューアル新発売しました。
まだ新しくなってからは飲んでいないので試飲がとっても楽しみです。

サントリー武蔵野ビール工場はJR南武線・武蔵野線「府中本町駅」から徒歩12分。
JR南武線・京王線分倍河原駅からだとシャトルバスが運行しています。

分倍河原駅でブロガーの皆さんと集合して、シャトルバスで工場まで移動します。

malts_01.JPG
駅に到着すると早速ザ・プレミアム・モルツのポスター発見。

malts_04.JPG
駅から工場までは専用シャトルバスで送り迎え。

malts_03.JPG
malts_02.JPG
7〜8分でサントリー武蔵野ビール工場に到着。
朝のうちは雨模様でしたが、午後から爽やかに晴れました。

malts_06.JPG
まずは最初はスクリーンを使った講義の時間。
ザ・プレミアム・モルツの素材やこだわりの製法をご紹介いただきました。
様々な行程や時間をかけて製造されるザ・プレミアム・モルツですが、最終的には官能検査という人間の五感による検査で、色と香りと味わいを厳しくチェックするそうです。

malts_07.JPG
今回いろいろ解説してくれた特別講師 武蔵野ビール工場醸造技術チームの山寺さん。

ビールが好きで入社したけど、普段はまずアルコールを飲まないとのこと。
味覚や五感を研ぎすまし、徹底した品質管理を維持しているみたいです。プロですね。

ザ・プレミアム・モルツの味わいの特徴を生み出す素材が、ダイヤモンド麦芽と欧州産アロマホップ。こられを加えることにより華やかな香りと深いコクが生まれます。

malts_08.JPG
実際に二条大麦麦芽とダイヤモンド麦芽を食べ比べてみました。
二条大麦からひとつまみずつ食べてみます。どちらも香ばしく「麦食べるな」って感じでしたが、ダイヤモンド麦芽の方がより甘みが感じられました。

malts_09.JPG
ビターホップとアロマホップの香りも嗅ぎ比べ。こちらは食べれません。
左がアロマホップ。アロマホップの方が軽やかで、この香りだけでザ・プレミアム・モルツを連想させられます。早くもビールを飲みたくなりました(笑)

malts_13.JPG
malts_14.JPG
麦とホップ。ホップってツル性の草だったんですね。

malts_11.JPG
講座第2部は工場内を見学です。製造工程を順番に見学していきます。
制服のお姉さんが工場内を誘導して、ポイントごとに丁寧に解説してくれます。

malts_10.JPG
仕込:「麦汁」をつくります。
麦芽に天然水を加えます。ホップを加えて煮沸し、麦汁をつくります。

malts_12.JPG
発酵:「麦汁」から「ビール」
酵母を加えて発酵させ、若ビールがつくられます。

malts_16.JPG
貯酒:ビールを熟成
若ビールを0℃に温度調整されたタンクの中で熟成させます。

malts_15.JPG
これは通路の一部ですが、ビールが貯蔵されるタンクの中はこんなイメージです。

malts_17.JPG
ろ過:オリや酵母を取り除く
熟成が完了したビールからオリや酵母を取り除いて「生ビール」がつくられます。

malts_18.JPG
malts_19.JPG
缶・樽詰:容器に詰める
できあがったビールを缶や樽に詰めていきます。

工場見学を終えた後はいよいよお楽しみの試飲タイム!

malts_20.JPG
ザ・プレミアム・モルツのできたて生ビールをいただきます。

malts_21.JPG malts_24.JPG
コクがあって泡もクリーミー。グラスも冷えてて最高です。
もともとフルーティーな香りが好きでしたが、新しくなってより一層香りが華やかになった気がします。

店頭では現在買えない「ザ・プレミアム・モルツ〈黒〉」もいただきました。
こちらも香ばしくて、美味しゅうございました。

でも飲み続けるならばやっぱりスタンダードの方がいいですね。
何杯飲んでも飲み飽きないおいしさ「ヴァイタートリンケン」を目標とするザ・プレミアム・モルツ。本当に何杯でもいけちゃいそうです。

malts_22.JPG
ビールとよく合うおつまみもいただきました。

malts_23.JPG
特にこのパインジュレはパインの香りがザ・プレミアム・モルツのフルーティーな香りを一層引き立ててくれます。

malts_25.JPG
缶ビールのおいしい注ぎ方も実演で教えていただきました。

malts_26.JPG malts_28.JPG
実際に注いでみました。
どうでしょう?泡がいい感じじゃないですか。
缶のままの、グラスに注いだものと飲み比べると確実にグラスの方がうまい。
トゲがないというのでしょうか、ぜんぜん味がまろやかです。

公式サイトでは竹内結子さんの「おいしい注ぎ方」をムービーで紹介しています。

malts_29.JPG
ザ・プレミアム・モルツのデザインはタンブラーグラスをイメージしているそうです、なるほどね。

終了後は駅前に移動して懇親会。
もちろんザ・プレミアム・モルツと料理を思う存分堪能させていただき、とても楽しい時間を過ごすことができました。
今回この企画してくださったサントリーさんには感謝です。

ザ・プレミアム・モルツの試飲も楽しめる工場見学はほぼ毎日開催しています。
また今回体験したザ・プレミアム・モルツ講座も毎週金・土・日曜と祝日に開催しています。
いずれもサイトから気軽にお申し込みできますよ。

新しくなって一層おいしくなった「ザ・プレミアム・モルツ」。まだの方はぜひお試しください。

雲の上で熟成するプレミアムな味わい 『ロン サカパ』

2011 年 3 月 31 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

ronzacapa_343.jpg
西麻布のグアテマラ大使館のサロンで行われた「雲の上で熟成されたウルトラ プレミアム ラム酒、ロン サカパ」 ブロガー テイスティング イベントに参加しました。

主催は『ロン サカパ』を卸しているMHD モエ ヘネシー ディアジオという、あのLVMHモエ ヘネシー・ルイヴィトングループとビールなど世界各国のプレミアムブランドを扱うディアジオが合わさった会社さんです。

ronzacapa_306.jpg ronzacapa_344.jpg
ロン サカパ』とはさとうきびの一番搾り汁だけを使って蒸留されるグアテマラを代表するラム酒です。

ラム酒と言うと、今までバカルディやマイヤーズをちょこっと味見したことがあるぐらいで、自分にとってはあまり馴染みのないお酒でした。
ラム = カリブ海なイメージもありますが、カクテルだとピニャコラータやモヒートが有名です。モヒートはミントの香りがすっきりしてますが、それ以外ではラムはトロピカルで甘いカクテルのベースという印象が強く、そのおかげであまり飲んだことがなかったのかもしれません。
バカルディはキューバで、マイヤーズはジャマイカ産です。ロン サカパも同じく中南米に位置するグアテマラ共和国で製造されています。
グアテマラはメキシコの南に位置し、太平洋とカリブ海に面しています。
かつてはマヤ文明が栄えていたので有名です。30以上の火山があり、3つは活火山です。異なるいくつかの気候、地勢を持つ、変化に飛んだ国土はロン サカパの風味を決定する重要な要素にもなっています。

ronzacapa_319.jpg
テイスティングがメインのイベントですが、最初にロン サカパ ブランドアンバサダーのジュリアンさんからグアテマラの国についてもいろいろと解説いただきました。
そしてロン サカパの歴史や製造工程についてもスライドを混じえながら詳しくお話しいただきました。

ronzacapa_298.jpg

ストレートでもロックでも楽しめるロン サカパの特徴としては大きく4つあります。

グァテマラ産
変化に飛んだ国土を持つグアテマラは様々な気候、地勢、文化、人種、部族、言語が入り交じり、コントラストと情熱の国とも言われています。
(ちなみに料理はコーンや野菜などメキシコ料理に近いらしい)

原材料が 他のラム酒と違う
ラム酒はさとうきびを原材料としています。
一般的なラムの生成にはさとうきびから糖分を抽出したあとの廃糖蜜から造られますが、ロン サカパは『バージンシュガーケーンハニー』と呼ばれるさとうきびの一番搾りから造られます。

雲の上で熟成
海抜2,300メートルの「雲の上の家」と呼ばれる世界で最も高地にある熟成庫で熟成されます。
高地で熟成させるからこそ深い香りや色味、豊かな香味を醸すことができるようです。

独自の熟成方法「ソレラ・システム」
伝統的なソレラ(古いもの)とクリアデラ(若いラム)とを組み合わせた熟成方法「ソレラ・システム」をロン サカパ独自の製法で発展させ、アメリカン・ウイスキーやシェリーに使われていた樽など数種類の樽での熟成を重ね、それぞれの樽の特徴をブレンドしながら熟成を進めていきます。
ブレンドを繰り返すごとに色はどんどん濃くなり、層を重ねた複雑な味わいが生まれます。

ちなみにロン サカパとは..
ロン=スペイン語で「ラム」
サカパの「ラム」 = ロン サカパ
サカパ(市)の100周年を祝うお酒が発祥のようです。

ronzacapa_321.jpg
↑原料となる「さとうきび」

ronzacapa_329.jpg ronzacapa_307.jpg
ロン サカパにはスタンダードな「23」と、コニャックの樽を使用したソレラシステムで25年熟成されたラムをブレンドした「XO」と2ラインナップがあります。
23は瓶の中腹にペタテと呼ばれる椰子の葉で編まれた織物が巻いてあるのが特徴です。
XOは見るからに最高級品の風格をしたボトルです。

ronzacapa_312.jpg
ロン サカパ23とロン サカパXOを実際にテイスティングで比べてみました。

グラスを光にかざすとマホガニー色ととてもきれいです。
さとうきびの甘さというのかキャラメルの甘さと柑橘の爽やかさがずっと口の中に残ります。
これはうまい!
40度あるお酒ですがストレートで飲めます。
もちろんカクテルのベースにしても美味しそうです。

XOは何というかエレガントで深みのある大人の味わい。見た目の深い色合いからでも重厚な感じが伝わってきます。
様々な風味が感じれるような気がしますが、それが何なのか自分の舌ではちょいとわからず。こちらは割らずにストレートで飲むのが良さそう。
とっても奥行き感を楽しめるお酒ですが、自分にはもうちょい若々しい23の方で十分満足でした。

ronzacapa_310.jpg
さとうきびの一番搾りである「バージンシュガーケインハニー」と、一般のラム酒を製造する時に使用する廃糖蜜も比較してみました。

廃糖蜜は砂糖を作ったあとの糖蜜なので、言い方はよくないですが絞りカスです。
舐めてみると猛烈に苦い。見た目もドロドロだし、まるでタールを舐めているかのよう。
一方バージンシュガーケインハニーはそのままパンに付けれるぐらいの甘さ。
見た目もなめらかで美しい。

これだけ元が違えば同じラム酒でも全く別格のものが出来上がるのは想像するに難しくありません。それ故他のラム酒と比べるとお値段も別格になるのもうなずけます。
ちなみにロン サカパで使用するサトウキビは品質向上のためにすべて手作業で切りだしてきているそうです。

ronzacapa_336.jpgテイスティングのあとは、ロン サカパとおいしいグアテマラ料理で懇親会タイム。
ロン サカパは飲み放題。オレンジピールの入ったソーダ割りが美味しかったですね。
女性陣はイケメンの外国人バーテンダーに群がっておりました。

ラム酒に対する価値観が大きく変わった一夜でした。
でもロン サカパを飲んだら他のラム酒にはもう戻れないかもしれませんね。
家でもぜひ飲んでみようと思う『ロン サカパ』。楽天をのぞくと最安で3千円代中半ぐらいから買えるようです。XOも定価1万4,5千円しますが、最安だとその半額近い値段のところもありますね。

個人的にはすごくおすすめなお酒ですが、いきなり買って試すのも少々勇気のいる金額ですので、バーに飲みに行った際にでもぜひお試しいただければと思います。

異色のThinkPad! Edge 13” をモニター[その2]

2010 年 7 月 8 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

アジャイルメディア・ネットワークさんからお借りしているLenovoの「ThinkPad Edge 13”」のモニターレビューその2です。

質実剛健を重視したThinkPadは、どちらかというとオフィス用途だったり、マニアックな人向けな路線でしたが、このEdgeシリーズはデザインを一新し、価格も実売70,000円前後とビギナーの使用も意識したシンプルなモデルに仕上がっています。

F1000982.JPG
電源を入れると右手パームレストのThinkPadロゴの”i”の部分がLEDになっていて点灯します。
同じくフロントカバー部分のThinkPadロゴ(前回の写真参照)もLEDのインジケーターになっていて、スリープ時にはMacのように点灯状態になります。
ただしMacほど精度が高くなく、Macのまるで呼吸しているかのようなやさしい点滅感はありません。
Windows7端末をまともに操作するのが初めてだったからなのもあるけれど、スリープからの復帰が一瞬で回復するにはちょっと驚きました。

今回普通に使用していて突然画面がフリーズして操作不能になる現象が何度か起りました。
最初は画面が固まりタスクマネージャーも起動できないぐらいでしたが、しだいに突如ブラックアウトもしくはブルーバックのDOSのエラー画面になり、勝手にリブートすることが頻発。そのためにこの書きかけの文章も一度消滅するはめに…
おそらくメモリーなどハード的な要因の可能性が高いのですが、たまたま今回お借りしたモデル固有の現象のような気はします。
ただ廉価版の端末として考えると初期不良が起こる可能性も少なからず高まるものなんでしょうかね。

F1000983.JPG
Edge 13”は、ThinkPadシリーズの最大の特徴と言っても過言でないポインティング・デバイスと複数の指操作に対応したマルチタッチ・タッチパッドの両方を備えています。
ポインティング・デバイスであるトラックポイントは個人的には非常に使い慣れてはいるけれど、MacやApple製品でおなじみのマルチタッチが使えるタッチパッドがあれば正直十分な気がします。
どちらにも対応しているのは素晴らしいけれども、クリックボタンが前後に2つ着いているのはなんか混乱しそうで、どうせデザインを一新するのであれば思い切ってトラックポイントは省いてしまってもよかったのかもしれません。

F1000986.JPG
キーボードは2.5mmと十分なストロークが確保されていて、実際にこの文章もEdge 13″で入力していますが、今自分のまわりの環境に存在するPCのキーボードの中では一番使いやすい感じがしました。
防滴仕様になっているので、いつもドリンクを傍らに作業をしている自分にとっては安心材料が増えます。
キー配列もいたってシンプル。ただ個人的には[Ctrl]キーと[Fn]キーの位置が逆であって欲しかった。いつも使っている数社のメーカーのWindows PCでは必ず[Ctrl]キーが左下の端っこにあるので、いつものつもりで[Ctrl]+[C]や[Ctrl]+[V]で文章のコピペをしようとして押し間違えてしまうことがしばしばありました。

F1000985.JPG13.3インチのワイド液晶は最大解像度1366×768ドット。
膨大なExcelの表の入力作業をしたりするのであればまた別だけど、日常的な作業をするのであれば特に不自由は感じません。

液晶は光沢使用なので、コントラストは高いけど画面のテカリが少々気になりました。
YouTubeや動画サイトの視聴も快適。HDMI端子も備えているので必要とあらばTVに出力してコンテンツを楽しむこともできます。

あと細かなことを言えばIMEの日本語切り替え時の引っかかりが若干気になりました。

今回ゲームやHD動画の編集・エンコードのようにマシンを酷使するような使い方までは試せませんでしたが、Windows7で日常的なことに使用するのであれば申し分ないモデルだと思います。
インターフェイスも充実しているし自宅でのメインマシンとして選択してもよいのではないでしょうか。なによりコストパフォーマンスが高い。実売6~7万円でこのスペックであればお得な気もします。
自宅では母艦としてThinkPad Edge 13”を使い、出先ではiPhone/iPadを活用するなんて使い方もスタイリッシュでよいかと思います。

カテゴリー: モニター タグ: , , ,