アーカイブ

‘ライブ’ カテゴリーのアーカイブ

NIKE FREE「YASEI NIGHT」

2012 年 4 月 21 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

DSC00014.jpg
横浜赤レンガ倉庫で行われたNIKE FREEのスペシャルイベント「YASEI NIGHT」。

若干小雨の降る赤レンガで20時よりイベントスタート。
海風が寒いです。

DSC00028.jpg
ウェブサイトやメールでは、前々から赤レンガ倉庫で「何か」が起きるという触れ込み。

DSC00011.jpg
ナイトイベントなのでお酒ぐらい飲めるだろうと思っていたら、アルコールはおろかフードの販売もない実にクリーンなイベント(笑) 赤レンガの中で1Fにフードコート的なものがちょっとあるので軽く小腹を満たしますが、それも21時にはすべてクローズ。

DSC00039.jpg
ミュージックとダンスやスポーツパフォーマンスが融合した実にNIKEらしいイベント。
雨あしも徐々に弱まり会場も徐々にヒートアップ!

DSC00048.jpg
鎮座DOPENESS & DOPING BANDによる圧巻のパフォーマンス。

そして何か」が起きると予告されていた時刻になると….

DSC00074.jpg
なんと赤レンガ倉庫が歪んでます!!

DSC00044.jpg
このシューズをひねると赤レンガ倉庫がTWISTするんです。

シューズに内蔵されたセンサーとプロジェクションマッピングがシンクロして、NIKE FREEをひねったりねじったりすると、その動きに合わせて赤レンガ倉庫が歪みます。おもしろいコラボレーションです。
歪み方もNIKE FREEをひねった時の動きを模倣していて、いいPRだなぁーと感心してました。


「NIKE BUILDING TWIST」
ビジュアルにこだわるNIKEらしく、かっこいい映像に仕上がってます。

DSC00025.jpg
確かに妙に赤レンガが妙にライトアップされていたり、なぜかプロジェクターがいっぱい並んでるなぁとは思ってたんです..
ちなみにライブ中にはシューズをねじってエフェクトをかけるなんていうパフォーマンスもありました。

DSC00068.jpg
スペシャルゲストの長谷川理恵さん。
安田美沙子さんも来てました。一瞬で帰っちゃいましたが。


YASEI NIGHT 当日のダイジェスト映像。

DSC00001.jpg
NIKE FREEはたしかVer.3ぐらいの時には履いていたのですが、むにゅむにゅしたソースが馴染めずすぐに手放してしまいました。
ベアフットランニングも注目を集めるようになった昨今、NIKE FREEもあの頃からずいぶんバージョンアップを繰り返し、バリエーションやカラーリングも増えたみたいですが、けっこう進化したのでしょうかね。タイミングがあれば今度試着してみたいです。

目白と目黒

2009 年 7 月 11 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

夜は目白でお芝居を観覧。
予備知識ほとんどゼロでしたがアットホームで、最初こそいろんな意味で大丈夫かな?と思ってましたが、次第にその独特な世界観に引き込まれました。
その後は目白→目黒に移動。いつものごとく蒙古タンメン
090711hokkyoku.jpg激辛MAXの「北極」を初めてチョイス。
見るからに辛そうな佇まいは毒々しい赤さが異彩を放ち、冷やかしで注文する人間を威圧します。
味わうというよりは、耐え忍ぶ感じ。うまいはうまいんですけど…
当然真っ赤な唐辛子汁は飲むことができず、麺と具だけ辛うじて平らげました。
唇のサイズが2倍になりました、感覚的に。
次はこれないな。

カテゴリー: ライブ タグ: ,

クリムゾン・メサイア

2009 年 6 月 20 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

東京グローブ座にてラーメンズの第17回公演『 TOWER 』を堪能してきました。
090619rahmens.jpg笑いました~、こんなに笑ったの久しぶり。笑いすぎてアタマの血行が良くなった気がします(笑)。ほんとツボですわ。
実際常に次の展開を想像しながら観てしまうのでアタマも使います。
期待どおりの展開と裏切られる予想外の展開とのバランスがほんと絶妙。
片桐さんの妄想ワールドも全開で、限りなく暴走していくようで、冒頭の言葉遊びがうま~く要所要所にちりばめられていく構成力は小林さんならでは。
シンプルで一切のムダがない構成やステージ、小物使いもすばらしー。
エンディングに近づいたところでもう一度すべてのキャラをリフレインさせるシーンは、シュールでアートっぽいけど見る方にも親切ですね。どのシーンも濃度が高いけど、どうしても後半の印象が強く残ってしまうので、もう一回登場させることで前半の方もあ~そうそうって気になります。

実際ライブで見たのは初めてでしたが、あの独特の空気感はやっぱりライブならでは。
終始笑いっ放しの感嘆しっぱなしのラーメンズワールドはほんとに驚愕でした。
帰りにラーメンというかいつもの蒙古タンメンを食べて帰ろうかと思ったけど、大久保ということもあり韓国焼肉を食べて帰りました。その後結局ラーメン食べたら終電なくなりました。あらら~…

カテゴリー: ライブ タグ: ,

そこで黄金のキッス@シティボーイズ

2009 年 5 月 9 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

今日は初台で、シティボーイズミックスPRESENTS「そこで黄金のキッス」 を見てきました。
大竹まこと、きたろう、斉木しげる+中村有志とそれぞれメディアではソロとしても活躍する大御所。これがまた3人(+1)集まると独特の世界観が生まれてまた面白い!!
ネタも今の時代を反映したシュールなものが多く、どこまでアドリブなのかわからないリアルな感覚は、最初こそとっつきにくいかな?、ちょっとツボが違うかな?なんて構えてみてましたが、次第にそのテンションやゆるゆるな独特な間にはまり、ココロのシワが伸ばされていくようでした。
予備知識ゼロで今回観覧しましたが、冒頭の共産主義ネタが長いのでもしやこれを全編押し通すのでは?とビビりましたが、その後意味のない?
コネタ連発で一安心。決して大爆笑ではないけど終始細やかな笑いの絶えない時間でした。
転換の間の映像やカジヒデキサウンドもゴダールっぽさもMIXしてシュール感アップ。
個人的には斉木しげるの大胆な芝居に感動、今回一番印象に残りました(特に総理大臣のシーンと命の使い方ショー)。
いや~面白かった。時間が過ぎるのがあっという間でした。シティボーイズは毎年1度しか公演を行わない(行えない)ので貴重なライブを堪能できました。