アーカイブ

‘手帳’ タグのついている投稿

「Evernote スマートノートブック by Moleskine」を買いました。

2013 年 10 月 21 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

evernote_moleskine.jpg

今年も残すところ2ヶ月ちょいとなり、文具店や書店では2014年のダイアリーや手帳のコーナーが目立つようになってきました。
ここ何年かはずっとトラベラーズノートを仕事用の手帳・スケジュール帳として愛用してきましたが、気分転換に手帳を変えてみることにしました。
チョイスしたのは「Evernote スマートノートブック by Moleskine」。

発売開始から1年が経ちましたが、伝統的なモレスキンの手帳とエバーノートのデジタルならではの利便性がうまく融合した製品です。iPhoneのEvernoteアプリのカメラ機能でモレスキンに書いたメモを撮影することでスムーズにデジタルデータとして取り込めます。(このノートでなくてもできることですが…)

洋書のようなマットな質感のハードカバーが気に入っています。カバーが固いのとページが開きやすいのでとてもメモが取りやすい。これは普通のモレスキンでも同じですが、Evernoteスマートノートブックはグリーンのゴムバンドがアクセントになっていてかわいいのと、カバー表面の象さんマークなどの型押しが意外と高級感があっていい感じです。

発売当初はEvernoteのアプリが重たくて使う気になれなかったので、このスマートノートブックもよさそうだなと思いつつも購入を見送りましたが、バージョンアップを重ねていくうちにずいぶん軽くて使いやすいアプリケーションになりました。

トラベラーズノートは書きやすいようにとレギュラーサイズを使っていたのですが、ページにみっちり文字を書き込むというようりは、打ち合わせでキーワード的な要素をちょこちょこっとメモ書きするような使い方が中心なので、けっこう空白の多いページが多かったりしていたので、自分にはモレスキンぐらいのサイズの方がちょうどよい気がします。(トラベラーズノートのパスポートサイズをチョイスするという選択もありますが)。
また持ち運びが少々不便だったので荷物が多い時は持って行かないこともあってだんだんと使用頻度も少なくなっていました。

毎年ダイアリーのリフィールも買ってスケジュール帳としても使っていましたが、仕事もプライベートもGoogleのカレンダーに完全に移行してしまったのでまったく使わなくなってしまいました。
以前はプライベートはGoogleで、仕事はすぐに確認・更新ができるようにと頑に手書きにしてましたが、会社のスケジュール管理でもGoogleのカレンダーを使うようになり、アナログとデジタルで2重で管理するのも面倒になり、手書きはやめてしまいました。
ペンでスケジュール帳の隙間を埋めて行く行為はわりと好きだったのでちょっとさみしい気もします。

モレスキンにして携帯性はよくなったので、いつでもどこでも持っていける新たな相棒として単なるメモ帳以上の使い方をしていけたらなと思います。

2012年の手帳はトラベラーズノート

2012 年 1 月 1 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

トラベラーズノート

ここ数年、手帳はQUO VADIS(クオバディス)のビジネス(またはプレステージ)を愛用してきましたが、2012年からはTRAVELER’S notebook(トラベラーズノート)ダイアリーを使ってみることにしました。

クオバディスのリフィルだけ購入するつもりで立ち寄ったLOFTで、たまたま見かけたトラベラーズノートに一目惚れ。
使い慣れたクオバディスも捨てがたかったのですが、2012年は何か気持ちを切り替えたくてトラベラーズノートを買うことにしました。

絶妙な縦長サイズで手帳としてもノートとしても使い勝手のよさそうなレギュラーサイズを購入。ブラックとブラウンがありましたが、それまでずっと茶系の手帳カバーを使っていたので黒ボディを選択。

スケジュールはiPhoneやGoogleカレンダーでの管理がメインになってきてはいますが、やっぱり手書きのよさも捨てがたく、完全にデジタルへの移行できそうにはありません。
過去にはザウルスやパームなんてものも使ったりもしていましたが結局は紙の手帳に戻ってきてしまいました。

そしてここ数年はずっとクオバディス。
数年前に皮の手帳カバーを入手してから、毎年リフィルだけ交換してカバーを育ててきましたが、皮の表面が汚くなってきてしまったのと飽きてきてしまっていたところでした。

クォバディスのビジネスはサイズは大きすぎず小さすぎずでちょうどよかったのですが、メモ書きやノートとして使おうとすると書き込めるスペースが小さすぎます。
そのため打ち合わせの時などに私用するノートはいつもバラバラ。
手帳の空きスペースに書き込んだりもしますが、時にはロディアを使ったりモレスキンだったり、もらったノベルティーだったり失敗コピー用紙の裏紙だったりといつもバラバラ。

手帳とノートとの一体感が欲しかったのと、ノートも使い勝手のよいサイズや気に入ったデザインのものを使いたいという悩みがトラベラーズノートにすることで解決しました。

一枚皮とゴム紐だけのシンプルな造りなので、パーツを変えたりすることで個性を発揮できるところも気に入ったポイントです。
(いわゆるシステム手帳も中身はいろいろアレンジできますが、なんかゴテゴテして好きになれず)

中身は一週間見開きのダイアリーとノートページにはセクションをチョイス。
ポケットホルダーとペンホルダーも加えています。
今度ジッパーケースも買い足そうと思いますが、あれこれ買っていくうちにいい金額になっちゃいますね..
スケジュールは見開きの一週間タイプが時系列がわかりやすくて好きです。過ぎた週のページは、端っこをちょこんとハサミで切り落としてページを開きやすくしています。これはクオバディス時代の習慣のなごりでもあります。

トラベラーズノート
持っていたアクセサリーを解体して、ちょこっと和風にカスタマイズしてみました。

荒削りの風合いの牛革も使い続けていくことによって、どんな風に変化していくか楽しみです。
これからちょこちょこアレンジしていき自分らしい手帳に育てたいですね。

トラベラーズノート
年末大掃除で出てきたコインをちりばめて、ちょっとトラベルっぽく(まだオリジナルの状態)