SUUNTO AMBIT2S (with HR)を買いました

2013 年 7 月 20 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

SUUNTO AMBIT2S (with HR)

SUUNTOのAMBIT2S なかなかかっこ良いです。

もっとでかくて分厚いのかと思ってたけど全然そんなこともなく、VECTORとほぼ同サイズ。若干VECTORよりも重いけど比べればわかる程度で気になるほどでもない。これでGPS内蔵とは時代も変わりました。

Garmin405もGPSウォッチとしては革新的だったけど、普段使いにはやっぱり無理してる感が否めなかった。
しかしAMBIT2SはGPS時計にありがちな野暮ったさやちゃちさを微塵も感じさせない。洗礼されたデザインはさすがMADE IN FINLAND。

T6系もトレーニング用としては良かったけど使い勝手が馴染めず、結局後半は心拍見るぐらいでただ腕に巻いているだけ。AMBIT2Sの操作感やカスタマイズ性はなかなか素晴らしい。
Webアプリからも画面表示やコンフィグがいじれるとこがこれまた今風。時計の中のメニューを掘っていってちまちま設定するのがめんどくさいのでこれは画期的。

お気に入りのVECTORもスピマスさんもしばらくはお休みすることになりそうです。


カテゴリー: アイテム タグ: , , ,

鎌倉横浜トレイル ナイトラン&ハイク

2012 年 7 月 29 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

鎌倉から港南台までのいつものルートではありますが、ナイトトレイルを走って来ました。

昼間まで都内で仕事をし、コンクリートジャングルのあまりの暑さにランチビールを少々嗜んでしまったので、アルコール抜きを兼ねたプレランで自宅から葛原岡ハイキングコースを通って北鎌倉へ。

北鎌倉駅前に19時集合。
余裕を持って10分前に到着するもご一緒する2人はすでにウエイティング。

明月院から横浜港南台までの王道ルート。
もう何十回も走っているルートだけれども、ヘッドライトで照らすトレイルは昼間とはまったく違う表情を見せ新鮮です。

見晴らしのよいところに出ると風が心地よく涼しい。
ほんのり月明かりもあり、獣の気配もないので怖さはありません。が、夜一人で走るのできそうにありません。

虫よけスプレーをかけなかったからか、人一倍二酸化炭素反応が高いためか、とにかく虫がよってきて手足がかゆい。ヘッドライトや顔面に幾度と無くアタックされます。

建長寺上の展望台(勝上けん)で1人(と1匹)散歩の方がいた以外誰にも合うこともなし。

トレーニングではないので、上りは歩いて、下りとフラットなところはのんびり走ります。
途中、ここしばらく引きずっている膝痛に具合を確かめようかと大平山を駆け下りたら、膝にビシッと痛みが走り、下りきったところで右足から不自然な着地。右膝に激痛が.. なんか悪化させてしまったみたいです。
その場では涼しい顔してましたが、その時は右膝の痛みで変な汗をかいてました。
家に帰り速攻アイシングしましたが、たぶん1週間は走れなそうな気配(涙)

この日の収穫は何と言っても、今年はじめてホタルが見れたこと。
まったく予想していなかった出来事ですが、無数に飛び交う柔らかな光をじっくりと鑑賞することができました。
もうとっくにホタルを見れる時期は過ぎてしまい、今年は見ることができなかったなと残念に思っていただけに、この思いがけない自然からのプレゼントには大感激。
もしデジカメ持ってきてたら長時間露光とかでずっと写真撮ってたでしょうね。

しばし幻想的な空間を3人だけで独占させてもらいました。

今宵はなんとも素敵なナイトトレイルとなりました。

kanegoniaおすすめ 鎌倉トレイルコース

2012 年 7 月 23 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

御嶽山に登る 〜OSJおんたけウルトラ翌日

2012 年 7 月 20 日 このポストをTwitterでつぶやく このポストをYahoo!ブックマークに登録 このポストをクリップ! blogram投票ボタン Comments off

mt.ontakesan_03.jpg

OSJおんたけウルトラトレイル100km 2012の翌日は御嶽山に登ってきました。

もちろん100kmものトレイルレースの翌日なので体はボロボロなのですが、せっかく遥々おんたけまで来たのだから御嶽山にも登らないなんてもったいない。

ちょうど宿の前を御岳山の7合目田の原まで向かうバスが通るので、それに乗って終点まで向かいます。
今回後泊までちゃんと取ったのも御嶽山に登りたかったから。
明け方まで雨が降っていたので登ろうかまっすぐ帰ろうか悩みましたが、最終的に行くだけ行ってみて雨がひどければそのまま下りのバスで帰ることにしました。

宿で相部屋の人たちもそれとなく誘ってみますが、皆さんダメージが激しいらしく7時台のバスで帰って行かれました。もったいないなぁ〜。

9:50に7合目到着。帰りのバスは12:40発なので約2時間半しかありません。
1日3本しかないバスは15時台にも最終がありますが、それだと自宅まで帰るのがかなり困難になってしまいます。

観光案内所に荷物を預けていざ出発。
足がパンパンでちょっと登りはじめただけですぐに息が切れてきます。
無理に山頂までは目指さず、90分で登れるところまで行って60分で戻るつもり。

一般的な登山の目安は以下のとおり

●剣が峰コース ・山頂への最短往復コースです  
上り180分(約3時間) 下り105分(約2時間)
田の原=王滝頂上=剣ケ峰(山頂)=王滝頂上=田の原

因に全国に『おんたけさん』『みたけさん』と名のつく同名の山はたくさんあります
長野県と岐阜県にまたがり木曽御嶽山とも呼ばれる標高3,067mの霊峰です。

mt.ontakesan_01.jpg
7合目付近はかなりガスっていましたが高度が上がるにつれ、次第に晴れ間が見えてきました。

途中一般の登山者の中に混じって、何人かレース参加したと思しき人ともすれ違います。
OSJのTシャツを着ていたせいかよく声をかけていただき、お互いレースの検討を讃え合いつつ先を急ぎます。
山道100km走った翌日に3,000m級の山に登るなんて、みんなちょっとイカれてます(笑)

mt.ontakesan_02.jpg
9合目付近は雪が残っている箇所もあります。
そろそろ富士山の雪は溶けたでしょうか。

mt.ontakesan_04.jpg
王滝頂上に到着。
山頂はここではなく、さらに先にある剣ケ峰。

mt.ontakesan_05.jpg
ここまでで1時間以上経過してましたが、行けるだけ行ってみます。

mt.ontakesan_06.jpg
ここにもイカれた人たちが!(笑) みんな元気そう。
剣ケ峰まであと10分ぐらいということなので、なんとか山頂まで登頂できそうです。

mt.ontakesan_07.jpg
まもなく山頂。ガスってます。

mt.ontakesan_08.jpg
スタートから80分で山頂到着。
5分ぐらい晴れるのを待ちましたが晴れそうで晴れない。あきらめて下山します。

mt.ontakesan_09.jpg
勢いよく下山しようとしたら、間違えて別のルートに下りかけてしまい慌ててUターン。
ほんとはもうちょい時間があればそのまま二ノ池、三ノ池まで行ってみたかったのですが、そこまでは時間がありませんでした。

帰りは登りの半分ちょっとの時間で下山。

mt.ontakesan_10.jpg
バスに乗って10分もすると空がスカッと晴れてきてました。
もうちょい時間があれば山頂からもこんな景色が見れたかもと思うとちょっと悔しい。

今年は富士山といい、前日のレースといい、御嶽山といい天候には恵まれてないなぁー。